社会起業塾イニシアティブ 未来を拓くソーシャルベンチャー創出プロジェクト

News~ 新着情報 ~

2020年09月16日

9月から始まる半年間の社会起業塾本科プログラムのオープニングセッションを開催しました

2020年度社会起業塾の本科プログラムが始動しました!全5回にわたるキックオフセッションのうち、その第1回目であるオープニングセッションが9/16に行われました。

 

キックオフセッション全体の目的は、複数回のメンタリングや講座を通じて塾生の皆さんが目標設定を行うことです。

 

そして今回のオープニングセッションはこれから約半年間にわたるプログラムのスタートを切るにあたり、塾生の同期メンバーだけでなく、伴走していくETIC.コーディネーターやパートナー企業との交流を深める場でもあります。予科プログラムを通過した起業家8団体をはじめ、パートナー企業であるNEC、花王、プログラムパートナーの電通の皆様が一堂に会しました。

プログラムの説明のほか、起業塾生各々が目標を再確認・共有した上で、同期メンバー間で理想的な関係を構築するべく意見交換を行いました。特に今年はオンライン開催ということで、塾生の皆さんからも、より良い時間の過ごし方のアドバイスも頂きました。

 

それ以外にも塾生の皆さんからは「飲み会を開きたい!」、「あだ名をつけてほしい」など…という声もあり、予科プログラムより皆さんの距離が近くなり、ざっくばらんにお話をされていたのが印象的でした。

 

パートナー企業のプレゼンでは、花王・NECの設立当初の話から、なぜ社会起業塾に参画するのかという想いの部分をお話しいただきました。

 

パートナー企業と塾生との対話の時間では、「なぜ採択いただいたのですか?」という疑問を投げかける塾生の姿もあり、それに対して企業の方が真摯にお答えされていました。今後の関係を構築していく上で、お互い貴重な時間になったのかと感じました。

 

来週からメンタリングや特別講座が控えており、起業塾生の皆さんは「まさにこれから」という状況だと思います。これから半年間、引き続きよろしくお願いいたします。