社会起業塾イニシアティブ 未来を拓くソーシャルベンチャー創出プロジェクト

News~ 新着情報 ~

2019年10月25日

キックオフ研修を開催しました

8/27(火)・28(水)に社会起業塾キックオフ研修を開催しました。
1日目はメンターとのメンタリング(事業相談)が中心。メンタリングを行いながら、自分が向き合うべき「問い」はなにかを考え、起業塾での目標も設定します。
2日目は講義がメインとなり、社会事業を進める上で大切にするとよい観点や顧客の捉え方を学び、1日目に決めた目標の達成へ向けての手がかりとしても活かしていきます。
事業を通して本当に何をしたいのか考えていく時間となりました。

この2日間では、毎年ご一緒していただいているシニアメンター石川氏と牧氏、OBメンターとして、前年度から参画いただいている今井氏と小野氏、今回から新しく参画頂く川添氏、計5名のメンターを迎えました。

シニアメンター
 NPO法人ケアセンターやわらぎ 代表理事 石川治江氏
 A0(エーゼロ)株式会社株式会社西粟倉 森の学校 代表取締役 牧大介氏

OBメンター
 ケアプロ株式会社 代表取締役 川添高志氏(2008年NEC社会起業塾生)
 株式会社坂ノ途中 代表取締役 小野邦彦氏(2009年NEC社会起業塾生)
 公益社団法人チャンス・フォー・チルドレン 今井悠介氏(2013年花王社会起業塾生)

 

■8月27日(火)
前日のオープニングセッションでの和気あいあいとした雰囲気とは変わって緊張感が漂います。最終選考会で鋭い指摘をいただいたメンターの前で、改めてプレゼンテーションを行いました。メンターの質問に考えを促される場面もありました。
 

 
午後の個別メンタリングセッションでは、塾生一人一人の悩みをさらに深く掘り下げていきます。
時に厳しい問いもありますが、自分達だけでは考えつかない観点のフィードバックや問いをもらうことができます。塾生は悩みながらも、フィードバックをもらったことを前向きに捉え、起業塾での目標を発表し1日目を終えました。

 

■8月28日(水)

特別講師でもあり、社会起業塾設立当初からサポート頂いているIIHOE 川北秀人氏の講義が、今日のメインとなります。この日はパートナー企業の社員の方にもオブザーブいただける時間となります。定員を超えた多数の応募があり、抽選を経て100名以上のパートナー企業の社員の方々がオブザーブされました。

冒頭は塾生の皆さんのプレゼンテーション。

プレゼンテーションの後は、川北氏の講座です。塾生の事業を例として交えながら、「よい社会起業家とは」「誰の為に何の状況を実現させたいのか」「WantとNeedの区別」等、顧客(課題の当事者)を理解するための観点や、その大切さについてお話いただきました。

午後には川北氏と塾生だけでワークショップ、個別に相談する時間になります。顧客のWantとNeedについて仮説を立ててみることや、研究やデータを集めることなど、具体的なアクションのヒントをたくさん得ました。


最後にはETIC.スタッフコーディネーターと次週の事業計画集中検討ワークショップまでの宿題を明確にし、この日を終えました。