社会起業塾イニシアティブ 未来を拓くソーシャルベンチャー創出プロジェクト

News~ 新着情報 ~

2016年02月23日

社会起業塾2015 「「伝えるコツ」セミナー 〜伝える力が、人を動かす。社会を変える。〜」 を開催しました。

2月9日(火)、電通汐留本社にて、電通「伝えるコツ」セミナー 〜伝える力が、人を動かす。社会を変える。」〜 を開催しました。

これは、社会起業塾のプログラム・パートナーである株式会社電通様より提供いただいた1日集中講座です。毎年、電通の社員の方の協力の下プログラムのブラッシュアップを行い、今年で6年目を迎えました。

講師は、株式会社バッテリー 代表 クリエーティブ・ディレクターの友原琢也氏、株式会社電通の、竹嶋理恵氏に加え、杉谷有二氏、福井秀明氏に講師としてご協力いただきました。

また、今期社会起業塾生に加え、社会起業塾OB・OGも参加し、伝えるコツを学びました。

◆自己紹介ワーク
1分間で自分たちの事業を説明し、それに対して講師の方からフィードバックを頂きました。
厳しい言葉を頂く方もいましたが、意外にも高評価の方が多かった印象。話したいことや魅力がたくさんある中で、どこを削ぐのか、どこを削いだら相手に魅力が伝わらなくなってしまうのか、という点に苦戦していました。ビジョンと事業のバランス、実績と目標のバランス、社会問題全体と自事業の特長バランスなど、様々な要素をどのように組み立てるかを色々工夫していました。

02

◆セミナー「伝えるコツ」とは
講師の友原氏より伝えるコツについて、説明して頂きました。

・そもそも自分は何者なのかを明確にする
・相手の目線からどう見えるかを意識する
・プレゼンのゴール(相手にどうなってもらいたいか)を意識する

など、基本的なことに見えて実は実践できていない様々なポイントを、ときにケーススタディも用いながら説明して頂きました。          03

◆ワーク プレゼンのストーリーをつくる
午前のワークとセミナーで学んだことを踏まえながら、実際にプレゼンの相手、プレゼンの内容、相手にとってもらいたい行動を団体ごとに想定し、5分間のプレゼンを作成するワークをおこないました。
営業で実際に使う資料を作る起業家が多く、作成している起業家の顔は真剣そのものでした。

04  05

◆プレゼン&フィードバック(1)
講師も入り、4つのグループに分かれて、プレゼンとフィードバックを行いました。プレゼン後のフィードバックでは、講師の方からのアドバイスだけでなく、同じ起業塾生内でも活発な議論が交わされました。
講師陣も熱が入り、「何をしてほしいのか分からない」「数字がないから聞き手が具体的に想像できない」「話す順序が分かりづらい」など、各団体の持ち時間ぎりぎりまで様々な指摘をされていました。

06 07

◆プレゼン修正
プレゼン発表の時間に受けたフィードバックを活かし、各団体内で資料やプレゼンの内容、伝え方にさらに磨きをかけました。

◆プレゼン&フィードバック(2)
1回目のグループからメンバーを組み替え、修正を加えた資料で2回目のプレゼンとフィードバックをおこないました。1回目と同様に、プレゼンの後にグループ内のメンバーと講師の方から、改めてフィードバックを受けました。1回目と比べると圧倒的に改善する起業家もいれば、悩み足りず、厳しいフィードバックを再び頂き、苦い顔をする起業家もいたり。持ち時間が終わっても話し終わらない起業家や講師の方がたくさんいらっしゃいました。

08

◆セミナー~クロージング~
最後に、友原氏よりまとめの言葉を頂きました。
まずは、今回の起業塾チームのレベルの高さにお褒めの言葉を頂きました。代表者のプレゼン力が強いだけでなく、プレゼンや事業に対してフィードバックをするメンバーの質が高いことに驚いてらっしゃいました。

09  10

懇親会の際には起業家より
「元から期待していたけれど、その500%良かった」
「ずっと作ろうと思っていた営業資料が素晴らしい講師の下、一気に作りきることができた。フィードバックを反映させて来週からどんどん使っていく」
「最終発表会までにもっと磨いてくる。その時にみんなを驚かせたい」
など、とても実践的な内容だったという感想をたくさん聞きました。
残り1か月でますます成長しそうな期待を強く感じた1日でした。