社会起業塾イニシアティブ 未来を拓くソーシャルベンチャー創出プロジェクト

News~ 新着情報 ~

2015年10月06日

社会起業塾2015キックオフ合宿を開催しました

当初社会起業塾へエントリーのあった56団体の中から厳しい審査を通過して残った今年度の起業塾生の皆様。今回のキックオフ合宿はそんなご縁ある9団体の皆様が集まる最初の合宿となりました。
(2015年度の起業塾生の詳細はこちらから≫

いよいよ「社会を変える計画」を磨く半年間のスタートです!
キックオフ合宿は、下記の通り2日間の構成で行いました。

1日目:現状の課題の共有、メンタリングセッション
2日目:「社会を変える計画」の策定、次回の合宿(11月)までの目標設定

オリエンテーションのあとは早速起業家の皆様とコーディネーターが対面し、「コーディネーターミーティング」が始まりました。

「半年後、⚪︎⚪︎さん(担当する起業家の方の名前)のところに早く転職したい!と思えたら最高です」と一人のコーディネーターからコメントがあったように、コーディネーターであるETIC.スタッフも支援者ではなく当事者として担当する起業家の方の事業にコミットします。

写真①(IMG_7262) IMG_7264

起業家の皆様とコーディネーターの間の結束が深まったお昼のあとは、約4時間に渡る「総当たりシニアメンターミーティング」の始まりです。
「総当たりシニアメンターミーティング」では、起業家の皆さんから改めて事業内容や現在の課題を担当メンターと共有するとともに、事業計画に対して客観的なアドバイスを求めます。

「あなたの事業はまだ「社会にあったら良い」もので、「社会にないと困る」ものまでに至ってない」
「天動説ではなく地動説で考えないと。自分が中心では受益者も社会も変わらない」

写真②(IMG_7308)  IMG_7286

メンターからの助言を受けながら、朝と顔付きが変わっていく起業家の方がいたのが印象的でした。

夕方以降はオフィシャルパートナー(NEC・花王・NN生命)とプログラムパートナー(電通)の皆様も加わり、起業家の皆様とオフィシャルパートナーの皆様が正式に対面しました。

パートナー企業の皆様からは、自社の事業内容や起業塾生に期待することなどをプレゼンいただきました。長年オフィシャルパートナーとして関わってくださっているNEC・花王の皆様からは、過去の卒業生との協働プロジェクトのお話も紹介していただきました。

パートナー企業との将来的な事業連携も視野に、長期的な事業の存続について考えさせられる場となりました。

写真③(IMG_7332) IMG_7324

夕食のあとのアントレプレナーセッションでは、シニアメンターの川北秀人さんがファシリテーターとなり、同じくシニアメンターである石川治江さん、牧大介さんの起業経験に迫りました。

貴重なインプットを受けたセッション終了後の時間は既に21:30。
これ以後は「ワーク&関所タイム」として参加は自由にしていましたが、集まったのは全員!
中には25:00過ぎまで粘り、コーディネーターと議論を重ねながら、メンターに壁打ちを繰り返す起業家の方もいらっしゃいました。

多少の寝不足の中迎えた2日目では、「シニアメンターグループメンタリング」と「半年間作戦会議」を行いました。1日目と違うのは、起業塾生が互いのメンターミーティングに同席し、他の起業塾生からもフィードバックを受ける点です。

ここでは、起業家の皆様が持っている情報やコネクションの交換なども行われ、起業塾生同士の絆が深まる時間になりました。

写真④(IMG_7454) IMG_7457

そうして今回の合宿の締めくくりとして、2日間の学び・気付き、そして次回までの課題について、それぞれの起業家の方から発表いただきました。

「自分たちは”良いこと”をしていると確信していたが”良さそうなこと”をしていたに過ぎなかった。”良いこと”をするためには批判を恐れない覚悟、情報の公開、結果の分析と反省、何があってもやり抜く決意が必要だということが分かった。」

写真⑤(IMG_7535)

「もしこの合宿に参加していなければ、数年間を無駄に過ごしたと思います。いかにたくさんの人から意見をもらい、そのフィードバックをもとに仮説を立て粘り強く立て直すか、その難しさを肌で感じることができました。」

写真⑥(IMG_7549)

まさに、6ヶ月間、そしてこれから続く長い事業活動のスタートを象徴する2日間となりました!

次の集まりは11月22(日)〜24(月)の「中間強化合宿」です。今回の合宿の成果を受けて起業家の皆さんがどのように変化するのかが楽しみです。

写真⑦(IMG_7347)