社会起業塾イニシアティブ 未来を拓くソーシャルベンチャー創出プロジェクト

News~ 新着情報 ~

2020年10月01日

起業塾キックオフセッション第3・4回目の特別講座を開催しました

9月24日・10月1日に、キックオフセッション第3・4回目の特別講座を開催しました。講師に川北秀人さんを招き、2週にわたり開催しました。

 

講師:川北秀人氏(IIHOE [人と組織と地球のための国際研究所] 代表、前社会起業塾 塾長)

 

1回目の9月24日の講座は塾生の事業プレゼンから始まり、その後川北さんによる「社会起業家とは」といった内容の講義が行われました。その際、パートナー企業であるNEC・花王両社の社員300名もオブザーバーとして参加し、チャット上ではありますが塾生とオブザーバーの間で直接意見交換をする場面もありました。お互いに良い刺激を与え・受けることができたのではないでしょうか。

 

また、川北さんから社会起業塾で共有するべき問いとして、「本当に価値を届けたい相手は?」というものがありました。事業を進めるにあたり非常に大切な問いではありますが、塾生の皆さんにとっては改めて足場を見つめる機会になったのではないでしょうか。

2回目の10月1日の講座では、1回目の講座での問いを受けて、塾生それぞれが事前課題として顧客の特定とそのニーズの掘り下げを行ってきました。その後川北さんへ再度プレゼンを行い、フィードバックをいただきました。

 

川北さんからは厳しいお言葉もいただきながらも、課題の当事者に焦点を当てて理解するためには、ニーズ調査や、先輩・歴史に徹底的に学ぶ事が大切だと伺いました。

 

また、課題とは目標と現実の差で、目標・理想が抽象的だと課題も不明確になるとのことでした。だからこそ、目標・理想を明確に持つことが大切なのだと学びました。塾生にはこれらの密度の高いフィードバックを、ぜひ事業に活かしてもらえたら嬉しいです。