社会起業塾イニシアティブ 未来を拓くソーシャルベンチャー創出プロジェクト

ETIC

Support Team~ チーム社会起業塾 ~

私たちも本気で応援します

第一線で活躍している多様な各分野のプロフェッショナルが、”支援する”という立場からではなく、
共に社会をよくしていく仲間として、プログラム期間中一緒に走り続けます。

オフィシャル・パートナー

日本電気株式会社

当社は、2013年4月に発表した「2015中期経営計画」で、社会価値創造型企業への変革を宣言しました。
社会価値と企業価値を両立し、社会課題の解決によって自らも成長できる企業へと変革することは、創業100年を超える歴史を有する当社にとって、次の100年の基礎を形づくることにつながります。
社会ソリューション事業による安全・安心・効率・公平という社会価値の提供を通して、より豊かで明るい希望に満ちた社会を創り上げていく上でも、この社会起業塾で、社会の真のニーズを汲み取り、ICT技術などの当社のアセットを活用した課題の解決に、塾生のみなさまと共に取り組んでまいりたいと思います。

CSR・社会貢献室室長 森実 尚子 氏 / NEC コーポレートコミュニケーション部

花王株式会社

社会起業塾は半年間と短い期間ですが、この期間に集中して作り上げた事業の「軸」をステップにして、数年後、経営者として大きく成長をしている姿を拝見すると、社会起業塾の大きな意義を実感しています。
現代の社会における社会課題は、多様でかつ複雑化していて、様々なセクターが連携して解決することが求められています。社会起業塾を通じて大きく成長された起業家の皆さんと、社会課題解決に向けた良きパートナーとしてともに活動できることを期待しています。
また、このご縁が、社会課題の解決に向けてゼロから事業を立ち上げようとしているエネルギッシュな起業家の皆さんの思いや姿勢を社内に吹き込んでいただける機会ともなり、社内にも大きな刺激を与えてくれることを楽しみにしています。

社会貢献部長 高内 美和 氏 / 花王株式会社 コーポレートコミュニケーション部門

エヌエヌ生命保険株式会社

エヌエヌ生命の使命は、「中小企業とその経営者の皆さまが財務や財産の面で安定した将来を確保できるよう支援すること」です。当社は、1986年にヨーロッパの生命保険会社として初めて日本に進出して以来、約30年にわたり、事業保険の提供を通じて日本の中小企業をサポートしてきました。
この「エヌエヌ生命社会起業塾」の活動を通じて、日本経済の根幹である中小企業を、ユニークなアプローチで応援できることをたいへん嬉しく思っています。そして、エネルギーに満ち溢れた起業家の皆さんにお会いできるのを楽しみにしています。皆さんが夢の実現に近づくことはもちろん、皆さんの活力がエヌエヌ生命に新しい風を吹き込んでくれることを期待しています。

広報部長 髙松 由依 氏 / エヌエヌ生命保険株式会社

株式会社NTTドコモ/株式会社NTTドコモ・ベンチャーズ

ドコモは様々な分野のパートナーとの社会価値の協創「+d」により、社会的課題の解決をめざしています。
社会をよりよくしようとチャレンジしている起業家のみなさんが日々どのような現場に向き合い、何を考えて課題にアプローチしているのか、私たちもよく理解し、ドコモが持っているICTやモバイル技術などの資産がどのように活かせるのか考えながら、好奇心を強く持って課題に取り組む起業家のみなさんを応援していきたいと考えています。

CSR部長 川﨑 博子 氏 / 株式会社NTTドコモ

プログラム・パートナー

株式会社電通

田中 直樹

「情熱」が感じられる組織や事業には、人やアイデアも集まり、勢いも生まれます。また社内外でパートナーを広げていくためには、「信頼」できる組織や事業であることを伝える工夫も必要です。私たちは社会貢献プログラム「伝えるコツ」を通じて、こうしたコミュニケーション面からの組織力強化を支援しています。皆様とのセッションは弊社講師陣にとっても刺激をいただける貴重な機会。社会起業塾でお会いできることを楽しみにしています。

田中 直樹 氏 / 株式会社電通 総務局 社会貢献部

協 力

IIHOE [人と組織と地球のための国際研究所]

川北 秀人

このプロジェクトが生まれた当初からお手伝いさせていただいている者として、最も強く感じるのは、世界や社会の変化に、私たちの視野も、仮説も、打ち手も、技能も、基盤づくりも、まるで追いついていないということ。
世界における課題先進国である日本において、もはや社会的な課題への取り組みの意義は、チャレンジすることにではなく、効率的に成果を生み、しくみとして確立されるか否かにある。
私たちは、課題解決の先駆者であることが、求められている。日本と世界に、地味でもしっかり成果としくみを残したいと、腹の底から切望するチャレンジャーを待っている。

川北 秀人 氏 / IIHOE [人と組織と地球のための国際研究所] 代表

メンター

石川 治江

シニアメンター
石川 治江 氏 / NPO法人ケア・センターやわらぎ代表理事

1947年、東京都にて生まれる。福祉の世界に入る以前は、外資系企業の秘書をはじめ、居酒屋、喫茶店、手紬工房などさまざまな職種を経験した。あるとき、車椅子で国鉄に乗車するためには2日前から申請が必要という事実を知り、エレベーター設置運動に取り組み始める。1978年、生活支援ボランティア組織を発足し、1987年には継続して長い間行える在宅ケアの仕組みを構築するべく全国初24時間365日の在宅福祉サービスを提供するケア・センター「やわらぎ」を設立した。99年にNPO法人化、代表理事を務め現在に至る。従来の福祉のコンセプトである「困っている人を助ける福祉」を「当たり前に暮らすための仕組みづくり」へ変革するべく活動をしている。

牧 大介

シニアメンター
牧 大介 氏 / A0〔エーゼロ株式会社〕代表取締役社長

1974年生まれ、京都府出身。1998年、京都大学大学院農学研究科(森林生態学研究室)修了。もともと昆虫好きであったため、大学では土壌昆虫(トビムシ)の研究を行っていた。しかし、自然を求めて山里を訪れるなかで、そこで懸命に生きる人たちと出会い、山村が抱える問題の解決に貢献したいという気持ちが強くなっていた。大学院修了後は、実社会での問題解決に取り組むため、大手シンクタンクに入社。独力で森林関連のコンサルティングマーケットを開拓し、社内に森林・林業グループを設立。その後、農林水産業グループへと発展させた。2005年にアミタ株式会社持続可能経済研究所の設立と同時に同研究所の所長に就任。その後、西粟倉・森の学校の設立とともに代表に就任し、現在に至る。

山内 幸治

シニアメンター
山内 幸治 / NPO法人ETIC. 理事・事業統括ディレクター

早稲田大学在学中にETIC.の事業化に参画。1997年に起業家型人材の育成とベンチャー企業支援を目的とした日本初の長期実践型インターンシップ「アントレプレナー・インターンシップ・プログラム」を開始。2000年ETIC.のNPO法人化に伴い、事業統括ディレクターに就任。その後、若手社会起業家のスタートアップ支援や、若者のチャレンジと地域変革に取り組むチャレンジ・プロデューサーの輩出と支援を通じて、全国各地のコミュニティ・ビジネスを支援している。2011年には「震災復興リーダー支援プロジェクト」を開始。東北への右腕派遣事業などを推進する。

コーディネーター

加勢 雅善

加勢 雅善 / ETIC. エコシステム・ディベロップメント マネージャー

大学在学中よりスポーツマネジメントなど研究。03年スポーツ系NPO事業化に参画。経営、人事戦略を担当。05年にNPO法人ETIC.に参画。社会起業塾のコーディネーター、ソーシャルベンチャー・スタートアップマーケットのプロジェクトを手掛ける。パナソニックサポートファンドにてNPO組織基盤強化のテクニカルアドバイザーなども務める。東京都ひきこもり等の若者支援プログラム支援事業選定・評価委員(2011~現在)

壁谷 俊則

壁谷 俊則 / ランスタッド株式会社 転職支援推進部 コンサルタント

1995年~2002年、大学在学中にETIC.に参画。関西事務局の立ち上げを行い、アントレプレナーシップ啓蒙事業、インターンシップ事業に関わる。その後、独立系ベンチャーキャピタルで投資業務、経営企画業務を経たのち、現在は人材紹介・ヘッドハンティングの世界で活躍中。

腰塚 志乃

腰塚 志乃 / ETIC.インキュベーション事業部 シニアコーディネーター

神奈川大学在学中より、学生シンクタンク政策立案コンテストに参加、その後運営スタッフ として従事。ライフスタイル雑貨メーカである(株)イデアインターナショナルにてのインターンシップを経て、日立製作所に入社。横浜地域での国内の交通事業者向けの情報システム営業などを担当し、横浜での地域を繋ぐ仕事がしたいと想いETIC.横浜プロジェクトへ参画。自治体、地域企業、大企業、NPOの、連携し地域を変革することに取り組んでいる。

呉 哲煥

呉 哲煥 / NPO法人CRファクトリー 代表理事

静岡大学人文学部社会学科卒。株式会社サマデイを経て、26歳で独立。フリーランスで企業研修講師、就職支援講師、採用に従事。2005年NPO法人CRファクトリーを設立し、代表理事に就任。「すべての人が居場所と仲間を持って心豊かに生きる社会の実現」をビジョンに、社会貢献性の高い事業経営を展開し、経営者として活躍中。「コミュニティ運営支援ツール「コミュ助」」「コミュニティマネジメントセミナー」「コミュニティリーダーズカフェ」など、NPO・市民活動・サークルの運営者向けのサービスを多数提供。

佐々木 健介

佐々木 健介 / ETIC.インキュベーション事業部 マネージャー

社会的課題を解決しイノベーションを起していく「社会起業家」のスタートアップを支援する「NEC社会起業塾(現 社会起業塾イニシアティブ)」を2003年より担当。経済産業省「新事業創出のための目利き・支援人材育成等事業」の支援者、日本財団/西武信金による「西武ソーシャルビジネス成長応援融資」の企画運営協力等通じて、これまでに約60社のソーシャルベンチャー支援に携わる。

猿渡 由実子

猿渡 由実子 / ETIC. インキュベーション事業部 シニアコーディネーター

早稲田大学教育学部社会教育学科卒業。卒業後、制作事務所でインターンを経た後に、情報誌・映画・ゲーム・検索系のメディア・IT会社を転々としながらオンライン内のコミュニティやイベントの企画・制作、デジタルアイテムの販売企画などを担当。フリーランスではECサイト運営やイベント企画・運営を経験。2010年10月よりETIC.に参画。主にスタートアップ起業家向けの場づくり担当。

施 依依

施 依依 / ETIC. インキュベーション事業部 コーディネーター

早稲田大学第一文学部卒業。卒業後、欧州系戦略コンサルティング会社にて、日系企業の中国事業戦略立案プロジェクトに参画。上海に常駐し、ネイティブの中国語力を駆使しながら市場調査・消費者調査・現地社員とのコミュニケーション等を担当。2012年2月よりETIC.に参画。インキュベーション事業部の各種プログラム運営に関わる。

野田 香織

野田 香織 / ETIC. インキュベーション事業部 シニアコーディネーター

兵庫県川西市生まれ、大阪芸術短期大学卒。広告制作会社にて不動産広告やCIのデザイン仕事をしつつ、フリーペーパー製作、演劇活動にもいそしむ。上京後、外資系生保、クレジットカード会社にてCSR業務に従事。第2子出産後NPO法人マドレボニータに参画。インストラクター兼、広報・渉外・新規事業担当。産後白書プロジェクトやNECワーキングマザーサロンの立ち上げ、コンビ社の商品開発プロジェクトに携わる。2009年12月よりETIC.に参画。スタートアップ対象のプログラム企画などを担当。

番野 智行

番野 智行 / ETIC. インキュベーション事業部  プログラム・マネージャー/株式会社番野企画事務所 代表取締役

1977年京都府生まれ。東京大学法学部卒業。2000年よりNPO法人ETIC.にて社会起業家育成プログラムの立ち上げに取り組む。2005年に(株)エイコンに転職、取締役として企業や政府、教育機関等へのコンサルティング業務および同社の経営全般に従事。2010年に独立、現在のテーマは「人材・組織開発を通した事業開発」。米国CTI認定プロフェッショナル・コーアクティブコーチ(CPCC)。

藤村 隆

藤村 隆 / ソーシャルベンチャー・パートナーズ東京 事業統括

千葉大学大学院在籍時にA SEED JAPAN にてNPOバンクの全国ネットワークの支援、立ち上げに関わる。日本IBM入社後、ソリューションセールスとして大手金融機関様を担当。並行してSVP東京にパートナーとして参加し、難民支援協会協働チームにてリードパートナーを務める。2012年日本IBMプロボノプロジェクトにて Teach For Japan様を支援。その後日本IBMを退社してSVP東京に事業統括として参画。

水谷 衣里

水谷 衣里 / 三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社 ソーシャルエコノミー研究センター 副主任研究員

大学在学中から地域づくり活動やNPO支援に関わる。大学院卒業後、現職にて市民公益活動に関する政策立案やコンサルティング業務に従事。当該分野のスぺシャリストを目指し研鑽しながら、個人としても現場の市民活動・ソーシャルビジネス支援に関わり続ける。東京工科大学特任講師。あいちコミュニティ財団評議員。世田谷まちづくりファンド運営委員。

渡邉 賢太郎

渡邉 賢太郎 / ETIC. インキュベーション事業部 プロジェクトリーダー(SUSANOO)

三人兄弟の長男坊。別府八十八湯温泉道第123第温泉名人。立命館アジア太平洋大学卒、三菱UFJモルガンスタンレー証券にて特定富裕層・上場企業等への資金運用アドバイザリー業務を経験、2010年に退職。2年間の世界一周旅へ。帰国後ETIC.へ参画。在学中、故郷、大分県別府市にてまちづくり事業「泉都大祭」を創設。現在9年目を迎える。

事務局

石塚 真保

石塚 真保 / ETIC. インキュベーション事業部  事務局長

立教大学経済学部卒業。教育出版社入社、2004年6月より、ETICに参画し、地域展開(チャレンジ・コミュニティ・プロジェクト)の事務局を担当する。現在は、ETIC.全体の広報として従事をするとともに、事務局として起業家との窓口業務や起業支援の事務局と行政からの委託事業等の精算・管理系業務を担当する。

中村 瑞

中村 瑞 / ETIC. インキュベーション事業部 アシスタントコーディネーター・事務局

英国バース大学政治・言語及び国際関係学部卒業後。日系リテール会社入社。入社後、東北の農産部にて従事。10年にETIC.と内閣府のコラボレーションで生まれた社会起業家の課題解決を若手社会人リサーチャーが支援するリサーチ・プロジェクトである、ソーシャル・アジェンダ・ラボにてインターンをしたご縁から、13年12月よりETIC.に参画。新規プロジェクトSUSANOOに関わる。

山中 資久

山中 資久 / ETIC. インキュベーション事業部 アシスタントコーディネーター

慶応義塾大学卒業後、人材系の広告代理店に就職。東日本大震災をきっかけに、ETIC.に参画。東北の起業家のもとに有能な人材を送る「右腕派遣プログラム」を担当。約2年半で100名以上のリクルーティングを手掛ける。2014年よりインキュベーション事業部に異動。社会起業塾をはじめ、スタートアップの起業家支援を担当。