パンフレットダウンロード

社会起業塾イニシアティブ 未来を拓くソーシャルベンチャー創出プロジェクト

ETIC

Program~ プログラム ~

社会を変える計画を描く6か月間のプログラム

単なる「学び」の場にとどまらず、参加メンバーが事業を推進しながら、先輩起業家とともに重要な経営課題に取り組んでいく実践の場。

ブレないミッションと、課題の本質に向き合う粘り強さを備えた社会起業家に向けて、
志や姿勢、事業を創り加速させるために必要な機会を提供しています。

実践と学びを何度も往復

事業活動をいったん離れ、時間をとって徹底的に自分や事業に向き合う機会です。

チームやメンターと議論を重ねながら、何度も計画をブラッシュアップしていく合宿は、
時には原点を見つめ直しながら事業を加速させていくよいマイルストーンになっています。

基礎を学ぶブラッシュアッププログラム

point01_01

顧客に寄り添い続ける姿勢や、社会を変える計画を描く視点など、社会事業を創る上で必要な基礎の考え方を身につけていきます(一次選考通過者対象)。

社会を変える事業戦略を磨き上げる、4回の集合研修

point01_01

約2か月に1回、主に合宿形式で行われる全4回の集合研修で、活動を振り返り、ゴールから逆算した今後の事業をしっかりと描いていきます。

Voice ~ 卒塾生からの声 ~

社会起業塾で一番衝撃的だった言葉が、「今井くん、実は(事業の対象である)子どもたちのことを知らないよね」と言われたことです。仕組みを創る事業の性質上、支援の手法ばかりにこだわっていたのですが、その言葉で改めて自分達がいかに顧客を知らないか、実感することができました。プログラム期間中は積極的に保護者や子供たちに出会う機会をつくることにより、自分達は誰のどんな状況を変えたいのか、顧客の対象を絞り事業の土台を創ることができたことが大きな成果でした。

今井悠介 / 公益社団法人チャンス・フォー・チルドレン

スタートアップ期はどうしても思い込みが多い時期の中で、客観的な立場で事業に対するアドバイスをいただける環境は、想いや事業を客観視できるよい機会だと感じます。また一人で立ち上げるだけでは知り合えない貴重な出会いの数々は長く続く何よりもの財産になると思います。

森山誉恵 / NPO法人3keys

先輩や仲間から徹底的に盗む

社会課題に挑む先輩や同世代の仲間と、事業戦略や計画について徹底的に議論する機会を用意。

課題解決へのヒントを得るだけでなく、経営者として成長していくために必要な学びを得ることができる機会となっています。また、ここでの出会いを起点に、卒塾後も継続した仲間・先輩とのネットワークが広がっています。

先輩経営者を交えた経営戦略会議

point01_01

先輩経営者およびパートナー企業を交えての戦略会議を期間中に実施してもらいます。先輩経営者はETIC.のネットワークからご紹介することもできます。

起業塾生同士の相互メンタリング

point01_01

同じ立場で課題を共有しともに考えていくプロセスを通じて、卒塾後もお互いにコミットし合う関係性が生まれています。

Voice ~ 卒塾生からの声 ~

社会起業塾に入って大きな成果の一つが、社会起業塾の経営戦略会議に入っていただいた先輩経営者や専門家の方2人に、団体の理事になっていただいたことです。戦略会議を通じてアドバイスをいただくのみならず、同じ目線で団体のミッション・ビジョンを考えていく場を持てたことにより、その後事業を創っていく仲間ができたことは、とても有り難かったです。

小沼大地 / NPO法人クロスフィールズ

先輩達からのご助言を頂いたり、似ている壁にぶつかっている仲間と情報交換をすることで、 解決するためのヒントをたくさんもらうことができました。起業塾は、志を持つ起業家が、成長していくための生態系のような場だと思いました。

村田早耶香 / 認定NPO法人かものはしプロジェクト

社会起業塾で実施しなければいけなかった経営戦略会議が苦痛でした(笑)。当時は実力不足で上手く仕切ることができず、結果「3時間の経営戦略会議」が「1時間の説教」に代ったこともありましたが、それ以来「メンターとは個別に会う」スタイルを守り、価値のあるフィードバックをいただけるようになりました。

山本繁 / NPO法人NEWVERY

本気で向き合うサポートチーム

良い事業を作るためにはPDCAサイクルをスピーディーに回すことが重要です。

そのためのサポート役として、コーディネーターを配置します。
また、パートナー企業も各社の強みを生かした学びの機会やサポートを提供します。

専属コーディネーターとの定期ミーティング

point01_01

2週間に1度の定期ミーティングの中で、今の課題に共に向き合い、ネクストステップを考えていきます。

パートナー企業による各種サポート

point01_01

起業塾生の事業の進捗を見ながら、パートナー企業より、各社の強みを活かした学びの機会や事業サポートを提供しています。
(写真は、起業塾生に向けた電通「伝えるコツセミナー」の様子)

Voice ~ 卒塾生からの声 ~

社会起業塾は「本気で」社会を変えようと思っている人の集まりです。それは何も起業家に限ったことではありません。サポート企業、行政、メンター、支援者、先輩起業家、そして、同期の仲間たち。全てが卒業して数年経った今でもかけがえのない宝物です。事業を拡大して更に多くの聴覚障がい者にサービスを提供しようというフェーズで参加できたからこそ、今の規模にまで成長できました。

大木洵人 / シュアールグループ

社会起業塾は、「本気で社会を変える人」のコミュニティ。 塾長を始めとした起業家の先輩方が、真剣に向き合ってくださる最高の場です。
常に問われるのは、「自分たちは何を実現するのか、どんな社会問題を解決するのか。」「見せ方を変えるのではなく、本質的に形を創り、インパクトを出しなさい。」多くの言葉が今でも熱く胸に刻まれ、今の事業を促進させる原動力になっています。
原点に戻れるコミュニティに身を置くことが、ブレない事業・自分を創るために必要なのだと思います。

堀江敦子 / スリール株式会社

オフィシャル・パートナー各社による個別の支援と、卒塾後の連携・協働

各社ごとの特徴を生かした支援 ~ 卒業後も続くパートナーシップ ~

社内報告会の実施

combination01

専門性を活用した支援

combination01

連携提案の機会

combination01

社会課題や活動を広く知ってもらうための報告会を企業社員に向けて開催しているほか、専門的ノウハウ・知識をもった社員が起業家の戦略会議へ参加するなど、社会的な課題の解決に向けて、より早く、効果的にそのインパクトを拡大していけるための機会提供を行っています。

卒塾後は、より起業塾生の事業が拡大していくための支援や、起業塾生と企業が協業し共に成長していくことへ向けた具体的な連携提案の機会を設けています。

年間スケジュール(2017年)

年間スケジュール(2017年)