パンフレットダウンロード

社会起業塾イニシアティブ 未来を拓くソーシャルベンチャー創出プロジェクト

ETIC

News~ 新着情報 ~

2017年09月25日

2017年度社会起業塾キックオフ合宿を開催しました!

 9月18日−20日にキックオフ合宿が行われました。

当初、社会起業塾へエントリーのあった41団体の中から厳しい審査を通過して残った今年度の9名の起業塾生が集まる最初の合宿です。

2017年度の起業塾生の詳細はこちらから
http://kigyojuku.etic.or.jp/participate/2017/

「自らの志、ビジョンを明らかにする」・「顧客のニーズや課題の構造を知る」・「社会を変える計画を作る」・「起業家、経営者としてのあり方、リーダーシップを学ぶ」・「同じ視点や志を持つ仲間を得る」ことをゴ―ルとした半年間のプログラムがスタートです!

今年度も、同じ起業家視点を持っているシニアメンターとして
NPO法人ケア・センターやわらぎ 代表理事 石川治江 氏
A0(エーゼロ)株式会社株式会社西粟倉 森の学校 代表取締役 牧大介 氏
・NPO法人ETIC. 理事 事業統括ディレクター 山内幸治
を迎えました。

 

● 1日目

オリエンテーションのあとは早速、お昼ご飯を食べながら塾生とコーディネーターによるミーティングを行いました。塾生に対してコーディネーターが1人付き、支援者ではなく当事者として、半年間のプログラムを一緒に行なっていきます。

そのあとは、約3時間半に渡るシニアメンターとの個別メンタリングです。石川氏、牧氏、山内の3名によるシニアメンターは、塾生から改めて事業内容や現在の課題を共有を受け、客観的なアドバイスを行いました。

夕食後には 自らの原体験を振り返るプレゼンテーションが行われ、塾生自身は過去の体験や自分が起業に至った経緯について改めて振り返り、半年間プログラムを行う仲間と共有し、一緒にゴールへ突き進む「絆」を深めました。

 

● 2日目

午前中は、
特定非営利活動法人ADDS 共同代表 竹内 弓乃さん(2009年度NEC社会起業塾生)
NPO法人Chance For All 代表理事 中山 勇魚さん(2015年度花王社会起業塾生)
による自らのビジネスモデルを話していただき、それに対する質疑応答が行われました。
塾生は卒塾生の話を聴く中で、自らの事業や行動を発展させるヒントを得ることができました。

午後は、昨日と同じシニアメンターとの約3時間の個別メンタリングです。前日のメンタリングと違い、半年後のゴールに向かっての目的・目標・行動に関する計画についてシニアメンターから様々なアドバイスを受けました。
そして、シニアメンターと塾生の質疑応答による全体セッションです。シニアメンターの3名に対して自分が行っている事業が正しいのか、起業するにあたっての様々な想いや感情を聴いてもらうことにより、自らの事業について改めて振り返って考えることができる時間を過ごしました。

 

夕食後には、シニアメンターとの個別メンタリング、コーディネーターと午後から作成している計画のワークです。12時過ぎても自らの事業をブラシュアップしている塾生が多く、本当に自分のやりたいことは?価値を伝えたい本当の相手は誰?この事業をさらによくするには?ということをはじめとした様々な問いにぶつかっていきました。

 

● 3日目

午前中は、シニアメンターごとに3つのグループに分かれて前日から作成している計画について相談しました。シニアメンターとコーディネーターからのアドバイスだけではなく、塾生同士がアドバイスを行なっている姿を見ることができ、様々な視点からアドバイスをもらうことで自らの計画をブラシュアップしました。

そして、塾生はこの3日間で取り組んで作成した計画を発表し、3名のシニアメンターから様々な意見をいただき、合宿を終えました。

 

この3日間を通して1日目と顔つきが変わったのがとても印象的です。

「こんなに充実した3日間になるとは思わなかった」「ここまで真剣に自分の事業のことを考えてくれた人はいなかった」という塾生の言葉も多く見受けられました。

 

次の集まりは11月15(水)〜16(木)の「戦略合宿」です。今回の合宿の成果を受けて起業家の皆さんがどのように変化するのかが楽しみです。

より良い社会を一緒に作っていきましょう!